行政書士に合格するために最も重要なこと

行政書士に合格するために最も重要なのは、学習法でもなく、通信教育でもあります。
挫折なく学習を続ける事です。
当たり前の事のように感じるかもしれませんが、それが出来ないので、
多くの方は行政書士に合格できないのです。

突然ですがここで質問です。
下記のような人でどちらが行政書士に合格しやすいでしょうか?

1、通信教育を受講したが、1度目は不合格になった
2、独学で学習して、3度不合格になった

一概に言えませんが、2の方が行政書士に合格しやすいと言えます。

というのも1番目の方は、通信教育を受講するという考えは素晴しいと思いますが、
もしかしたら1年目で挫折するかもしれませんし、
学習量が足りないのかも知れません。

対して、2番目の方は、学習法が悪いので3度挑戦しても合格出来ていませんが、
学習を続ける事が出来ています。
それが出来れば、後は、質の高い通信教育を受講するだけで、
合格できる可能性がかなり高くなります。
何が言いたいのかというと、まずは続ける事が重要なのです。

行政書士に不合格になる方は、途中で挫折しているので、
知識がほとんどなく試験に臨んでいます。
きちんと統計を取った事はありませんが、
本気で合格しようと思っている方でも 3ヶ月くらいで挫折していきます。

しかし、その辛い時期を乗り越える事ができ、
学習法と教材の間違いがなければ、合格圏内に届く力が付くのです。

行政書士は確かに難易度の高い試験ですが、続ける事さえできれば、
いつかは合格できる試験です。

もちろん、はじめから時間をかけて学習しようと思えば、
学習に対する密度や危機感がなくなるので、一発合格する覚悟が必要ですが、
挫折なく続けることを意識するのも重要なのです。

そのことは忘れないで下さい。