行政書士の仕事の需要

良く行政書士の仕事の需要がないとか
行政書士には将来性がないといっている方がいますが、
そうした方は何もわかっていません。

現在数多くある資格の中でも行政書士は、顧客獲得がしやすく、
潜在的な仕事の需要はTOPクラスにあります。
そして、表に出ていないだけで、稼いでいる行政書士は沢山います。

それでは何故そのように言えるのか、行政書士の仕事を解説していきます。

行政書士の仕事は、官公署に提出しなければいけない書類を作成したり、
権利関係の書類を作成したりします。

例えば、「会社設立」「遺言書」「飲食店開業」「各種契約書」
「建設業許可」「帰化申請」など
その数は1万種類を超えると言われています。
そして、このような仕事の依頼をされるのは、個人と法人の両方からになります。

つまり、1万種類もの書類作成ができるという事はそのくらい潜在的な仕事があり、
仕事を依頼される顧客の幅も広くなるので、仕事の需要が高いのです。
しかも、まだまだ開拓されきれていない市場がたくさんあるので、
こらから行政書士になってもチャンスは十分にあります。

また、行政書士は他の資格と違い、
特殊な仕事やある一定の顧客だけを相手にするわけではないので、
顧客を獲得しやすい仕事でもあります。

しかし、多くの方はそうしたことを知らず、まったく稼げていない行政書士が、
全てだと思い込んでいます。
どの仕事でも稼げている人もいれば、それ以上に稼げていない人もいるのです。
それは資本主義である以上仕方ありませんし、皆が皆稼げる仕事はありません。

もしあなたが稼げると思っている仕事があったのなら、それは稼いでいる人が表に出て、
稼いでいない人が表面に出てきていないから、そう感じるのです。

ただ、行政書士は数ある資格の中で稼ぎやすい資格であることは言えます。

稼げていない大衆的な意見に惑わされないで、しっかりと本質を見極めて下さい。
それが成功しやすい仕事を選ぶコツです。

NEXT⇒行政書士の年収