行政書士のその先のダブルラインスについて

行政書士は、十分に稼げる資格ですし、実際に稼いでいる行政書士は沢山います。
しかし、さらに安定した収入や生活を確保するために、
いずれはダブルライセンス取得を目指してほしいと思います。

ダブルライセンスというのは、行政書士以外の資格も取得することです。
そうすることで、仕事の幅が広がり、新たな顧客を獲得できるので、
より安定した高額な収入を確保する事が出来ます。

また、仮に行政書士の市場が小さくなったとしても、
他の資格も取得しとけば リスクヘッジにもなります。

ですから、将来何がおきようとも早いうちから万全の対策を取っておく事が必要なのです。

それでは具体的にどのような資格が行政書士と相性が良いのか紹介していきます。

●宅建
●社会保険労務士
●中小企業診断士
●ファイナンシャルプランナー

他にも色々ありますが、上記のような資格だと行政書士と類似する部分も多いので、
仕事の幅も広がります。

その中でも特に相性が良いのは、社会保険労務士です。
仕事の面はもちろんのことですが、収入の面でお互いの弱点を補えあえます。

行政書士は、短期間で爆発的な収入を上げる事はできますが、単発の仕事が多いので、
収入の安定感はそれほどありません。
対して社会保険労務士は、短期間で収入を上げる事は難しいのですが、
その分企業と顧問契約を結ぶ事が多いので、毎月安定した収入を確保出来ます。

つまり、その2つの資格を組み合わせ、上手く活用する事ができれば、
さらなる収入と安定を確保することが出来ます。

もちろん、社会保険労務士以外やここで紹介していない資格でもかまいません。
要は行政書士の特徴を理解し、どの資格と併用すれば、
行政書士の弱点を補えるのか考えることです。
そうすれば、どんな資格でも構いません。

また、ダブルラインセンスを取得することで、
常に自分を高めるための努力をすることになるので、
高い意識をもって仕事をすることが出来ます。

ダブルライセンスはすぐにというわけではありませんが、
いずれは目指してほしいと思います。

NEXT⇒TOP