行政書士の学習は、アウトプット重視

行政書士に合格する上で最も重要な学習は、アウトプットです。
つまり、問題を解く学習で、特に過去問演習です。

行政書士の試験は、出題範囲が広く、覚えなければいけない知識は沢山あります。
しかし、実際本試験で使う知識はそれほど多いわけではありません。
つまり、ポイント、ポイントになる知識をいかに深く理解できるかが勝負になるのです。

そのために必要なのは、問題演習をして、正しく正確に知識を身に付けることです。

知識というのは、ただ覚えるだけでは、意味がありませんし、暗記するのも大変です。
行政書士学習に挫折する方は、とにかくテキストを読んだり、書いたりしようとして、
知識のインプットだけに集中してしまいます。

対して問題を解けば、その知識をどのように使うか考えるので、正しく正確に知識を理解できるようになります。
また、問題を解く事は、復習にもなり、間違えたら再度知識を覚え直すので、
より記憶に残りやすくもなるのです。

そして、特に重要になるのは過去問演習です。

行政書士試験の基本は過去問をベースに作るので、
本試験では類似問題が多数出題されます。
また、過去問を学習することで、出題範囲のポイントがわかりますし、
問題のレベルもわかります。
つまり、過去問演習は、行政書士試験に合格するために必要不可欠で、
最も重要な学習になるのです。

ですから、行政書士にするためには、どのくらい過去問演習に時間を使えるのかがポイントになります。 そのためには、早めに基礎知識を終わらせなければいけません。
そして、早めに基礎知識を終わらせるためには、講義を視聴することです。

講義を視聴しながら学習すれば、知識を早く正確に理解する事が出来ます。
また、視覚を使うので記憶にも残りやすくなります。

しかし、多くの方は講義も視聴せず、テキストだけで理解しようとするから、 挫折するのです。
もし、テキストだけで合格出来るなら、学生時代学校や塾に行く必要はなかったはずです。
ですから、行政書士には必ず講義を用意してください。