行政書士に合格するための学習時間

行政書士に合格するための学習時間は、人それぞれ違います。
600時間で合格できる人もいれば、1000時間学習しても合格出来ない人もいます。

また、それは学習法によっても異なります。
例えば、独学では時間がかかり、通信講座では勉強時間を短縮出来ます。
さらに言えば、講義が付いている通信講座と付いてない通信講座によっても違ってきます。
つまり、個人の知識量、学習法などによって異なるので、
どのくらい学習すれば合格できるとは言えないのです。

しかし、それでもあえて基準を言うなら、あなたの知識が0だとして、
質の高い通信講座を受講できれば、800時間くらいで合格圏内入る力が付くと思います。
もちろん、同じ800時間学習するとしても、時間の密度、集中力によって違ってくるので、
800時間あれば絶対合格できるとは言えません。

中には、相当学習が苦手な方もいるので、
1000時間学習しても合格できない方もいる可能性はあります。

しかし、それは本当の例外なので、質の高い通信講座で、しっかりと800時間学習すれば、
合格できる力が身に付くと思います。

後は、本当に800時間しっかりと学習できるかです。

行政書士の受験をする方は、はじめは意気込みがあっても、2ヶ月くらい学習すれば挫折していきます。 不合格になる大抵の方は、ほとんどがそのパターンです。
つまり、多くの方は通信講座や独学という以前の問題で、学習を続けることが出来ないのです。

ですから、まずは学習を続ける工夫をしてほしいと思います。
例えば、手が空いている、通勤時間や昼休みなど利用して学習するとか、
喫茶店や図書館などにいき、学習するしかない環境を作るとかです。

また、はじめの頃は挫折しないように無理な学習をしないで、
徐々に学習する習慣を付けることも重要です。
はじめから飛ばしてしまえば、確実に挫折していきます。
是非、参考にして下さい。