行政書士の働き方

行政書士は独立開業型の資格で、自分が経営者として仕事をして行きます。
もちろん、経営者としていってもはじめから事務所を借り、
人を雇って仕事をする必要ありません。

自分の自宅を事務所として、1人で仕事をやっていきます。
そして、仕事が軌道に乗れば、事務所を借りるのも良いですし、人を雇うのも良いと思います。 多くの行政書士はそうしています。

ですから、独立開業といっても、別の初期投資は必要ありませんし、
特別難しい事ではありません。
行政書士の試験に合格して、行政書士登録すれば、いつでも行政書士と名乗り仕事をしていく事が出来るのです。

しかし、中にはいきなり独立して仕事をする自身がない方がいます。
まったく行政書士の経験がなくてもはじめから独立して、成功している人もたくさんいますが、 全ての人にそれができるとは限りません。
そうした方は、まず行政書士事務所に就職して、仕事のノウハウや人脈を作ってから
独立する方が良いと思います。

行政書士は独立開業型の資格ですが、何も独立だけが道ではありません。
就職したって良いのです。

しかし、その場合年収の期待をしないので下さい。

いくら行政書士だろうとも、就職すれば、一般の会社員と同じなので、
稼げる額はたかだか知れています。

就職する事務所によって異なりますが、
行政書士は一般的な年齢給よりも安いと思って下さい。

また、何処かに養ってもらおうとか、何処かの会社に就職して安定した収入を得たいという考えでは、この先で生き残っていくことは難しくなります。
これからの日本は、個人の力が強くなっていくので、
自分で稼ぐ力を身に付ける事が必要なのです。

ですから、行政書士になりたての頃は別としても、
最終的には独立して自分で稼ぐ力を身に付けて下さい。

それが将来的に安定した収入と生活を手に入れる唯一の手段です。